グッチリング関連カテゴリの記事一覧

見た感想

グッチリングに関しては、やはり定価が一番気になりますよね。ggリングが人気のようですが、Gが二つ並んで掘り込まれていました。

シンプルながらもブランドという感じでした。新作のリングも見逃せませんね。マリッジリングとしてグッチを選ぶ人もいるようですね。

スネークリングという少しらせん状に巻いたリングがありました。こちらも人気のようです。グッチリングのピンクゴールドも関心が高くて、ヤフオクで売られているようですね。

ダイヤモンドを使ったものもあり、16万ととても高価な値段でした。それでも、結婚式にも使えそうなものでした。

グッチのメンズリングも人気のようです。恋人同士と付けたらとてもよさそうですね。エンゲージリング(婚約指輪)としてもグッチはよいでしょうね。

バンブーとは竹という意味で、バンブーリングとは、竹の節をイメージしたリングのようです。グッチのバンブーリングも注目です。

そのほかには、スクロールリングやホワイトゴールドなど、まだまだ注目の指輪が多かったです。

簡単でしたが、グッチリングを見た感想などを書きました。

指輪の歴史

グッチリングのリング、指輪の歴史などについて書いていきます。指輪の歴史は奥深いですね。何かの参考にしてください。

次に元老院議員および限られた高官にだけ金の指輪が許されるようになって、ついには一般市民はすべて金の指輪をはめることができるようになったそうです。

奴隷は鉄の指輪をするようになったそうです。そしてユスティニアヌス帝のときこれらの制限は全廃されたそうです。

指輪を両手にたくさんはめる風習は古代エジプトから見られたそうですが、ローマ人も中指を除く全ての指に2個ずつはめることがあったそうです。

ものすごい数の指輪をつけていたんですね。

驚きです。婚約指輪はローマの古い時代からあって、初めは鉄製であったそうですが2世紀ごろから金製になったようです。

マリッジリングとも言われますね。今はシルバーのものがおおいですよね。鉄は聞きませんね。

5世紀頃から結婚指輪をする習慣が生まれて11世紀頃からは教会の結婚式に組み入れられたそうです。これは今日もっとも普通に見られる指輪ですよね。

以上です。グッチリングのリング、指輪の歴史などについて書きました。役立つと嬉しいです。

関連記事2

グッチリングのリング、指輪についてまた書いています。前回の続きです。

まだ第18王朝の頃のものは純金製でデザインは単調でずっしりと重くて、所有者の名と肩書きが象形文字で深く刻み込まれているものだそうです。

他に象牙、琥珀のものがあって、一般市民の間には青銅やガラス、陶製のものがあったそうです。

指輪にスカラベを飾る古代エジプトの風習は後に各地に伝わって、古代ギリシャやエトルリア、フェニキアなどの指輪にもスカラベが見られるそうです。

ギリシャではその他台の一部に平らな広い面を持って、そこに浮彫りの飾りをつけた金指輪も愛用されていたそうです。

フェニキアのものはスカラベが認印の用を果たしていたそうです。エトルリアのスカラベは紅玉髄に彫ったものがあるようです。

やはり指輪は歴史が深く、各地各国で違いがあるようですね。ローマ人の指輪は特権または階級を示すものとして知られているようです。

共和制時代にはもっぱら鉄製指輪が用いられて、奴隷には禁じられていたそうです。

以上です。グッチリングのリング、指輪について書きました。役立つと嬉しいです。

関連記事1

グッチリングのリング、指輪について書いていきます。参考にしてください。

指輪は、手の指にはめる輪状の装飾品のことです。宝石をつけたものもありますよね。稀に足の指にはめるものもあるそうです。

歌詞や題名などの固有名詞には「指環」と表記されることもあるそうです。素材は主に金属で金、銀、プラチナなどの貴金属が多いそうです。

木やアクリルのものもあるそうです。指はの素材にはいろいろとあるんですね。有史以来存在して、はめる指により指輪に意味があるとされるそうです。

左手の薬指につける指輪は「結婚指輪」とされていて「聖なる誓い」の意味があるそうです。

結婚指輪については右手の薬指につける国や地域もあるそうです。古代ローマにおいては印鑑として用いられたそうです。

起源としては現存する最古の指輪は、古代エジプトの墳墓から発見されたものなんだそうです。

特に第12王朝ごろから指輪に不死を象徴するスカラベを彫り込んだり、台座に止めたデザインのものが目立っているそうです。

以上です。グッチリングのリング、指輪について書きました。役立つと嬉しいです。