指輪の歴史

グッチリングのリング、指輪の歴史などについて書いていきます。指輪の歴史は奥深いですね。何かの参考にしてください。

次に元老院議員および限られた高官にだけ金の指輪が許されるようになって、ついには一般市民はすべて金の指輪をはめることができるようになったそうです。

奴隷は鉄の指輪をするようになったそうです。そしてユスティニアヌス帝のときこれらの制限は全廃されたそうです。

指輪を両手にたくさんはめる風習は古代エジプトから見られたそうですが、ローマ人も中指を除く全ての指に2個ずつはめることがあったそうです。

ものすごい数の指輪をつけていたんですね。

驚きです。婚約指輪はローマの古い時代からあって、初めは鉄製であったそうですが2世紀ごろから金製になったようです。

マリッジリングとも言われますね。今はシルバーのものがおおいですよね。鉄は聞きませんね。

5世紀頃から結婚指輪をする習慣が生まれて11世紀頃からは教会の結婚式に組み入れられたそうです。これは今日もっとも普通に見られる指輪ですよね。

以上です。グッチリングのリング、指輪の歴史などについて書きました。役立つと嬉しいです。